« 2012年6月 | メイン | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月28日 (土)

焼き茄子ゼリー寄せ

Yakinasu


焼き茄子のゼリー寄せ 600円
(画像はコースでお出ししたのも)

夏らしい涼しげな一品。
ごまダレで召し上がれ。
冷たい日本酒なんか合いますよ。

2012年7月19日 (木)

体操に向かない公園

新橋演舞場隣の公園が 万年橋の公園より木陰が多くて涼しいことに気づく。鴨亭からの距離は一緒。ここでラジオ体操をしよう!!と思ったが、小さな公園にはまったりした空気が流れていて、いきなり体操を始めるのは憚られた。いつもやっている石を全力で押すストレス発散法だけやって万年橋に移動。

新メニューです。

新メニューです。ビールが進みます。グイーッと。
月火水はハイボールナイト・角、山崎のハイボールが特別価格。

鴨のゴーヤチャンプルー 900円
焼き茄子のゼリー寄せ 600円
つくねと大根煮 680円
つくね焼き・温玉乗せ(たれ) 850円

2012年7月18日 (水)

浜離宮の鴨

休憩時間にはじめて浜離宮へ行ってきました。
入園料300円也を払って120円の三ツ矢サイダーを飲みながら
一時間ほど散策。庭園と言うよりは公園。
なんせ去年の暮れまでは筑波山麓の夜になると猪が
庭を歩いてるようなところで暮らしてましたから
鎖につながれている犬がドッグランに連れてきてもらった感じ。
大樹に抱きついたり草の葉をちぎってクンクン嗅いだり
木の枝のシジュウカラと同調したり。
潮入の池には野生の鴨も来ていましたし
おとりの鴨で引き寄せて網で鴨を捕まえる鴨場もあって
なにか親しみも感じる。
鴨亭から徒歩で10分ほどの距離に気晴らしに良い場所を見つけて満足。

2012年7月17日 (火)

七味唐辛子は「ふくれ(福来)ミカン」入り

七味唐辛子は「ふくれ(福来)ミカン」入り

鴨亭の七味、他所のと少し違うでしょ。
鴨亭(筑波店)の裏山・椎尾山の観光ミカン園のものなんです。
ここはミカン園としては日本の北限なんだそうです。
筑波山の中腹の暖かな気候を利用した甘みの強い美味しいミカン。
晩秋から初冬、おおぜいの方に陽だまりでの楽しい時間を提供しています。

でも「北限」ですから、最初は小さなミカンしかできなかった。
そのちっちゃくて、すっぱくて、そのくせ房は皮の上からはっきり分かるほど
パンパンにふくれているミカン。
皮の香りがとても良いことを利用して七味唐辛子が作られるようになったのですが、
それまでは強烈にすっぱいミカンを齧って途方に暮れていたことでしょう。
七味唐辛子に向いていると気づいて
「膨れミカン」が「福来(ふくれ)ミカン」になったんですね。
片隅のプロジェクトエックス。
201207172032000


2012年7月14日 (土)

赤兎馬の梅酒入りました!

201207141735000

赤兎馬の梅酒入りました。数量限定のプレミアム梅酒。

鹿児島県産の南高梅をかの芋焼酎「赤兎馬」に漬け込んだ本格梅酒。
「赤兎馬」の重厚なコクと南高梅の果実味豊かで爽快な酸味が鴨料理を引き立てます。
築地の鴨亭でおためしください。

風鈴と呼び鈴

風鈴と呼び鈴
 
お店の外に風鈴を吊るしています。
少しでも季節の風をと思ってのこと。
でも、ここはビルの谷間で晴海通りからいつも風が吹き込んでいるので
風鈴は休むまもなくチリリリ・・・・・・・・・・となり続け。
風情と言うには賑やか過ぎです。

ご来店の方はもうお気づきかと思いますが
鴨亭では料理が出来上がった合図に
チリリンと鈴を鳴らしています。
チリリンとなるとホールの者が調理場を覗き込んで
料理を運ぶ。
この鈴には「熊よけ」と書いてあって、
山道を歩くとき
鈴の音で熊を追い払うのでしょう。
うちの場合は鈴を鳴らすと
美女が顔を出すと言う仕掛けになっています。

表の風鈴と調理場の呼び鈴。
どちらも良く澄んだ音で鳴ってくれるのですが
実を言えば鴨亭の下で営業なさっていた
野菜料理のレストランからの頂き物。
移転なさるとき「何でも持って行っていいよ」という
お言葉に甘えて大量に運び込んできた品々の中にありました。
もしかしたら、そのお店で
鴨亭と同じ鈴の音を聞いた方がいらっしゃるかもしれません。
店長さんをはじめお店の方々も気さくで優しく
よいお隣さんが出来たと喜んでいたので移転は残念でした。
正式オープン前のパーティーで椅子が足りなくなり
階下へ借りに行ったことも思いだします。
移転先でも素敵なレストランとしてファンを増やしていることでしょう。
今日も爽やかな鈴の音で彼らのことを思い出します。

2012年7月12日 (木)

カードでタッチ

パスモやスイカなどの乗車カード(?)。
ケースや鞄の中のままでタッチする人もいますね。
みんなテクノロジーを信頼してるんだなぁ。
私はどうしても財布から出してぺたっとタッチしないと不安です。
心配でカードをセンサーの上にこすり付けるようにしています。
それでもたまに改札で引っかかって後ろの人たちに迷惑をかけています。
あのタッチの仕方。コツがあるんでしょうか?

                         by たつまさ

せせりのポテサラ

厚い!!でやっぱりビール。
ビールにあうのはやっぱりポテサラ。
鴨亭の「せせりのポテトサラダ」(600円)
ほかほかの出来立てポテサラに
せせりの食感が良いんです。
ご好評をいただいております。
http://r.gnavi.co.jp/gb2m400/menu1.htmlPotesara


2012年7月10日 (火)

新橋演舞場大賑わい

鴨亭があるのは新橋演舞場別館ビル。
もとは踊りや楽器の練習に使われていたそうですが
今では京橋郵便局の裏にひっそりと佇んでいます。

大家さんの新橋演舞場さんはと言えば、
今7月大歌舞伎で大賑わい。
http://www.shochiku.co.jp/play/enbujyo/
二代目 市川猿翁
四代目 市川猿之助 襲名披露
九代目 市川中車
五代目 市川團子 初舞台

九時少し前、夜の部が終わる時間になると
観劇がえりのお客様がご来店します。
鴨をつまみグラスを傾けながら
興奮した様子で今見たお芝居の話に夢中。
よせば良いのに「お芝居はいかがでしたか?」
なんてお聞きすると「黒塚がすばらしかったわ」と言うお答え。
「くっ黒塚ですか。鴨亭の新メニュー黒鉄焼きも美味しいですよ」

観劇帰りのお客様におすすめなのが
「銘酒と酒肴」のセット
お通し
せせりのポテサラ
鴨の串焼きに
鴨亭が選んだ銘酒1杯を召し上がって
1280円。

ちょっとつまんで
良いお酒を少し、お芝居のお話をたっぷり。


http://r.gnavi.co.jp/gb2m400/menu5.html

鴨亭 のサービス一覧

鴨亭